院長ブログ

2011.09.23更新

先日の台風15号は、静岡県から関東地方を直撃し、またも大きな被害を産み、
大変でしたね。名古屋は当初予測されていたよりは被害が少なく済みました。
やれやれですが、しかし、今後もこういう思いはなるべくしたくないものです。

今日は、意味を間違いやすい言葉のお話です。
みなさんはダイエットdiet、という言葉の意味を、正しく答えられますか?
やせること、体重を落とすことだと思っていらっしゃった方が、多いと思います。このため、
「ジョギングしてダイエットした」というような、とんでもない間違った使い方が、まかり通っています。
あるいはダイエットとはカロリー制限だと思っていらっしゃる方も多く、
例えばダイエットコーラ、なる商品名がありますが、これも私には違和感があります。

正しくは、ダイエットとは、病態に応じて、それを改善させる、あるいは悪化させない目的で
アレンジされた、制限食のことです。
一言で言うなら、「ダイエット=治療食」です。

「治療」を英語でセラピーtherapyと言いますが、食事療法はダイエットセラピーdiet therapyです。
一方、薬物療法はドラッグセラピーdrug therapyとなります。
食事療法とは、様々な病気に応じて用いるもので、
決して肥満患者さんだけを対象とはしていないのです。

まだ意味がわかりにくいと思いますので、例を挙げます。
例えば、高血圧には一般に塩分制限が治療食、
慢性腎不全には塩分制限、水制限、タンパク制限、
C型慢性肝炎には鉄制限、
アルコール性肝炎や脂肪肝にはアルコール制限、
甲状腺機能低下症にはヨード制限、
てんかんにはケトン食(=低炭水化物食、高脂肪食)
身近なところで、便秘症には食物繊維を含む果実や野菜や海藻類の摂取が有名ですが、冷水や牛乳を飲む、といったものもあります。
不眠症には青汁や牛乳、鶏のスープを飲む、といったものもあります。
これらはすべて、それぞれの病気に応じた「ダイエット療法」です。
このように、病気によって、治療食のバリエーションがあるのですね。制限食といっても、「何かを減らす」ばかりではなく、場合によっては「何かを積極的に摂る」こともあるわけです。

私のホームページには、低炭水化物療法が、体重減少効果がある、と書いています。
低炭水化物療法は、低炭水化物ダイエット、と言い換えてもよいのですが、こう書くと、
やっぱりダイエットはやせること、と勘違いされそうですので、
あえて低炭水化物療法、と書いた訳です。

細かいことでしたが、やはりみなさんに正しい意味を知っていただきたいものです。
また次回、違う言葉をとりあげたいと思います。

投稿者: むらもとクリニック

2011.09.19更新

9月中旬というのにまた暑さがもどってきて、日によっては
熱中症が懸念されるほどです。8月にも書いた通りですが、お気をつけ下さい。

今日は墓参りに行ってきたのですが、空をながめますと、いわゆる入道雲が
みられるところもあれば、一部にはひつじ雲風の、秋を思わせる雲もみられたりして、
そうすると、そろそろ季節の変わり目ということになりそうです。と思っていたら、
台風15号の影響で雨が降ってきました!

さて、本日はワクチン情報です。
名古屋市では、中学1年・2年・3年と高校1年(および高校1年に相当する年齢)の女性に、
子宮頸癌ワクチンを全額助成しておりますが、そのうち高校1年の方は、
第1回目のワクチン接種を、9月末までにぜひともすまされるよう、お願いします。
2回目が約1か月後、3回目が約6か月後となるのですが、
3回のワクチンを高校1年の終わりまでに済ましていただかないと、
助成がきかないことになっております。お早目に。

また、今年もインフルエンザワクチンの予約は、10月初めころより受け付けて
おりますが、実際に接種していただきたいお勧めの時期は、
11月初旬~12月中旬ころです。

投稿者: むらもとクリニック

2011.09.11更新

今日は9月11日は、あのアメリカ同時多発テロから10周年の記念日なのですね。
テロとその後の10年間でアメリカにおこったことは、
思えばマイナスばかりが目立つ、苦しみの10年であったと思います。
しかし、少なくとも自分が考えるべきは、世界のことではなくて、
10年前、自分は何をしていたか?あれから自分はどう変わったか?
そしてこれからはどう変わっていけるのか?ではないでしょうか。
スポーツにしろ何の世界でも、成功した人が言う言葉は、ほとんど例外なく
「まず夢を持って、その夢を実現すべく努力すること。」ですね。
才能よりも努力が勝る、と実感します。変に言えば、
努力し続けることができるのが才能、とも言えるのかもしれません。
「愚直」という言葉があり、自分の師匠がよく口にする言葉ですが、自分も
この言葉を重く受け止めています。
 
ややおおげさに聞こえたかも知れません。身近な例では
次のようなことが、私の考える、愚直な行動です。
毎日1錠、高血圧の薬をのんで、朝と夜の家庭血圧をノートにつけて、
定期的に受診して下さっている患者さんの数々、これがまさにそれです。
このような真面目な患者さんの血圧が、改善しなかったためしはありません。
毎日の血圧を気にすることが、血圧を改善させている、とさえ感じます。
正確に言えば、毎日家庭血圧をつける人は薬を決してのみ忘れないから、
という要素もありますが。
毎日やるべきことを続ける、それは十分に褒められるべきことだと思います。
 
体重も然りです。やせたいけどやせられなくて、という患者さんは多いですね。
毎日4回、体重を測って記録する、「体重日記」という方法があります。
体重を気にすることで、いままでの間違った行動が自然と改善して、
減量できると言うわけです。
他の方法もいろいろありますが、医者の助言なんかなくても、
やせる意志の強い方は、自分で成功させてしまいます。
それでもうまくいかず、助言を求められたときは、よろこんで助言します。
ただ、やせる必要のない患者さんも多く存在します。
少食なのに軽度の肥満で、糖尿病などの異常値がまったくない人は、
おそらく長寿の素質があります。そういった患者さんには、
将来膝や腰を傷めないための助言をしたいと思います。
では、みなさんのこれからの10年、実りあるものであることを願います。

投稿者: むらもとクリニック

かかりつけ医として地域の皆様のために
良質な医療を提供したい

当院は地元のみなさまの健康をまもり、よりよい生活を送っていただくために、
患者さん一人一人の健康管理のお手伝いを致します。

お気軽にお問い合わせ下さい 052-711-3221
common_tel_sp.png