院長ブログ

2011.10.23更新

すっかり秋らしくなりました。皆様お元気でしょうか。
今日は、間違えやすい言葉の第2弾。メタボリックシンドロームについて、です。

40歳以上の方の特定健診制度が始まって、今年は4年目になります。
特定健診は、生活習慣病を発見するためのもので、別名メタボ健診と呼ばれています。
健診の判定にも、メタボリックシンドロームであるかどうかが明記されています。
しかし、メタボリックシンドロームについて、理解しておられる方が非常に少ない、と感じます。

メタボリックシンドロームは、肥満、とくに腹部の内臓型肥満が、
高血圧や糖尿病、脂質代謝異常を生み出した状態のことです。
なぜこれが重要かというと、メタボリックシンドロームは、さらには心筋梗塞や脳梗塞といった
心血管疾患を誘発しやすくする、という事実に基づいて定められたものです。

さて、ところでメタボリックとは何でしょうか。クイズに出てきたこともあります。
メタボリズムmetabolismは「代謝」、メタボリックmetabolicとは、「代謝の」という意味です。
メタボリックシンドロームはすなわち「代謝症候群」と直訳されています。
代謝とは糖代謝および脂質代謝のことですが、確かに「代謝症候群」では
意味が伝わりにくいですね。そこで一般の方の中に、メタボリックの意味が、肥満であると
勘違いされている
方がいかに多いか。
腹がボヨヨンと出てきた「メタボ父さん」みたいな言葉が、一般化していますね。
しかし、これでは意味を間違えています。

これではメタボリックシンドロームのことを理解していただくのには程遠いと、感じて、私は
「要するに食べ過ぎで運動不足が続いた状態です。生活習慣病、あるいはその一歩手前です」
と、説明しています。これで100%の説明でありませんが、
一般の方が、おおまかに理解していただくには、これで十分と思います。

メタボリックシンドロームの、細かい診断基準の解説は、ここでは省きます。
基準を皆さんに覚えていただくことなんて、まったく意味がないとさえ思っています。
ただ、基準にはいまだに問題点がいろいろあります。
この問題点についても、述べれば大変長くなってしまいそうなので、やめておきます。

そんな細かいことよりも、メタボリックシンドロームの患者さんはどうすればよいのか?
これが大切です。
「食べ過ぎを控えて運動すればよい」のは誰もがわかっているはずですが、そうは言っても、
仕事のせいで運動する暇がない患者さんが多いのも事実です。
そんな場合、食事療法に重きを置くことになります。
今までの食生活の、何が間違っていたのか?これを理解していただけば、十分すぎます。

幸いなことに、メタボリックシンドロームに、低炭水化物療法は、とても有効と考えられます。
皆さんにもぜひ、薬なんか使わずに、メタボリックシンドロームを克服していただきたいものです。
また、ダイエットと合わせて、言葉の意味を誤解されている方が、少しでも減れば幸いです。

投稿者: むらもとクリニック

2011.10.10更新

ブログが約2週間ぶりになってしまいました。
本日は体育の日。名古屋はよい天気でしたが、皆様お元気でしょうか。

10月と言えば、当院、むらもとクリニックは平成18年10月に再出発しており、5周年にあたります。
早いものです。5年前の自分の心境を思い出しますと、感慨深きものがあります。
が、むしろこれからが大切ですね。今から5年後までに、医学の進歩とともに、
当院もさらに成長、成熟していけることが、必要とされています。

世界では、10月5日にスティーブ・ジョブズ氏の死去という、衝撃的な出来事がありました。
現代のエジソンと言われた、偉大な発明家の、早すぎる死でありました。
あと10年、生きていてくれたら、世界はどのように変わっていたか、と思うと、
神様も時に無慈悲なことをなさるものだと思います。ご冥福をお祈りします。

ジョブズ氏にとりついた病は、膵癌であったとのことです。
数ある癌のなかでも膵癌は、予後不良な癌です。何かの自覚症状が出た時点で
かなり進行しており、既に助からない可能性が高いのです。従って、膵癌から身を守るには、
CTや超音波を含んだ癌検診を、毎年受けることぐらいしかないと言えます。
こんな難病がジョブズ氏を襲ったことは、まことに不幸でありました。

ジョブズ氏の訃報の前日に発表された、今度のiPhone4Sは、iPhone5が開発できなかったのだ、
という意見が多い一方で、実は4Sはfor Steve の意味を含んでいる、という説があるそうですね。
偶然かも知れませんが・・・

近況では、10月15日からインフルエンザ予防接種が始まります。
本文中にも記載してありますが、ご予約の上、接種をお勧めします。
すでに名古屋市港区では9月末ころからA型インフルエンザの患者さんが出始めている、
との情報もありますが、本格的な流行は、やはり12月下旬から2月くらいでしょう。
まずは慌てず、例年通り11月ころの接種をお勧めします。

本日はこれまで。またブログします。

投稿者: むらもとクリニック

かかりつけ医として地域の皆様のために
良質な医療を提供したい

当院は地元のみなさまの健康をまもり、よりよい生活を送っていただくために、
患者さん一人一人の健康管理のお手伝いを致します。

お気軽にお問い合わせ下さい 052-711-3221
common_tel_sp.png