院長ブログ

2011.11.13更新

今日は、久しぶりに医療とは全く関係ないことを書きます。
11月11日の午後の、清武球団代表の記者会見は凄かったですね。
これは大事件だ、と胸騒ぎを覚えました。
清武代表の涙を見れば、今回のヘッドコーチ人事のことだけではなく、
積年の思いをぶちまけていることは、容易に想像できます。

しかし残念なのは、このあとのマスメディアの反応です。
各紙もテレビも、渡邉恒雄会長があまりにも強大な権威なものだから、
せいぜい中立の立場か、あるいはどうしても清武代表を批判する口調になっていますね。
社長や会長への予告なく会見を開き、目上の人にたてつくなんてとんでもない暴挙、
とか、しかも日本シリーズ開幕の前日に事を起こすのは常識がない、とか・・・
といった具合に。
しかし、歴史が変わるのには、こういった大事件というか、暴挙、奇襲がつきものだったのでは。

ここで思い出してしまうのが織田信長で、桶狭間の戦いはまさに奇襲。
そして自らが本能寺の変で命を絶たれたのも、奇襲。
これらはまさに歴史を変えた大事件だったはずで、信長はその主役と被害者の
両方になったのですね。
明智光秀は、将軍足利義昭への仕打ちや比叡山焼き討ちといった、
信長の常軌を逸した行動に業を煮やし、国を守る大義名分として信長を討ったはずで、
本来智将であったのにもかかわらず、歴史的には謀反人となっています。
事件直後に細川藤孝(桃井社長)らに見放されて孤立してしまったあたりまでは、
今回の清武代表は光秀にそっくりですね。

と思っていたら、同じことを感じてネットに書き込みをしていた方が、何人もいたようです。
やっぱり皆さん同じことを思っておられるようです。
まあこのあと、何が起こるのか注目です。
歴史が変わるのか、はたまたある意味で「期待通り」になるのかどうか。
清武代表が球団を去る結果になったとしても、その勇気ある行動は、
すがすがしい武士そのもので、「清武」代表の名前は、偶然とは言えそれを物語っています。

愛知県名古屋市千種区にある内科で食事療法による高血圧や糖尿病治療ならむらもとクリニックへ



投稿者: むらもとクリニック

2011.11.08更新

秋色深く、日によっては暑かったり、また非常に寒かったり、風邪をひきやすい季節です。
同時に、11月になりますと、インフルエンザワクチンを接種していただくのに適した時期となりました。
すでに接種された方も多いと思います。生後6か月から12歳11か月までの方は、
十分な免疫獲得のためには2回接種が必要ですので、
10月末か11月上旬に1回目を済ましておくとよいです。
13歳以降の方は1回接種でよいのですが、11月中から、遅くとも12月上旬に接種をお勧めします。

また同時に、成人用の肺炎球菌ワクチン接種を希望される方が、今年は多くいらっしゃいます。
これは、テレビCMと新聞広告による効果が絶大です。
中尾彬さんと加賀まり子さんの、あのCMですが、お二人の存在感に、あらためて脱帽です。
中尾さんは現在69歳ですが、64歳の時に肺炎に罹患され、大変な思いをされたとのことです。
やはり肺炎は侮れない重病で、65歳以上の方に肺炎球菌ワクチンが勧められているわけです。

この時期に肺炎球菌ワクチンのCMが流されるのは、とてもよいタイミングと思います。
なぜかと言うと、インフルエンザが重症化して、入院が必要になったり、
命を奪われるような可能性があるのは、肺炎、脳症、心筋炎を合併した時なのですが、
このうち肺炎は、インフルエンザウイルスによる肺炎ではなく、主に肺炎球菌による肺炎、
すなわち「二次感染」と言われるものであることがわかっています。
従って、高齢の方にとって、万が一にもインフルエンザで肺炎を併発しないためには、
両方のワクチンを接種しておくべきだからです。

思えば2009年5月ごろに新型インフルエンザが発生した時も、
日本中がインフルエンザパニックとも言える状態になりました。
新型インフルエンザがどれくらい恐ろしいものか、まったくわかっていなかった事と、
新型インフルエンザ用のワクチンがなかなか流通しなかったため、
とにかく肺炎にならないように、と、肺炎球菌ワクチンだけでも接種しておきたい、
という問い合わせが殺到して、一時期はワクチンが品切れとなりました。
これはCMではなく、テレビ番組で新型インフルエンザの情報を毎日のように
放送していた影響でした。

さて、肺炎の原因となる種々の細菌のうち、もっとも多いものが肺炎球菌で、
これに対する免疫を獲得するのが肺炎球菌ワクチンです。
65歳以上でとくに高血圧や糖尿病、心臓病、呼吸器疾患、腎臓病などを
お持ちの方には確かにお勧めです。
肺炎のすべてを予防できるわけではないのですが、
入院することや死亡してしまう確率を低くするのは確実なようです。
名古屋市では65歳以上の方に約半額の助成があり、自己負担は4000円です。
多くの方がご存じのように、5年間有効ですので、
これを考えると、お得なワクチンと言えると思います。


愛知県名古屋市千種区にある内科で食事療法による高血圧や糖尿病治療ならむらもとクリニックへ



投稿者: むらもとクリニック

かかりつけ医として地域の皆様のために
良質な医療を提供したい

当院は地元のみなさまの健康をまもり、よりよい生活を送っていただくために、
患者さん一人一人の健康管理のお手伝いを致します。

お気軽にお問い合わせ下さい 052-711-3221
common_tel_sp.png