院長ブログ

2012.05.31更新

先日の金環日食、名古屋では十分見ることができました。朝のひととき、感動的でした。
皆さんの住む街ではいかがでしたか。

さて本日は、世界禁煙デーとなっています。禁煙を呼びかける様々な催しが全国で
行われていることでしょう。
当院でもニコチン依存症の方に、保険診療として禁煙治療に取りくんでおり、約4年になります。
私自身、父親を肺がんで亡くしており、禁煙についての想いには自負があるつもりです。

当院に禁煙治療を希望されてお越しになる患者さんには、最初に
今回禁煙を思い立った理由は何ですか、とお聞きしています。
皆さん、きっかけは様々なようですが、例えば
「タバコが高くなってきたから」と答えられる患者さんもいらっしゃいます。
確かにこれからもタバコは高くなっていくでしょう。喫煙できる場所もますます減るでしょう。
しかし、私が思うのは、ぜひ「自分の健康のためにやめる」ということを一番の理由にして、
強いモチベーションで禁煙に臨んでほしい、ということです。

禁煙することは、既にいわれているように様々なメリットが得られます。
逆に医学的に言って、喫煙することに利点は一つもありません。
タバコが健康面に害があることはご存じですか。もちろんイエスですよね。
ではどのような害があるか、挙げてみてください。
この質問をすると、肺癌の他に何があるのか、よく知らない患者さんがいらっしゃるようで、
これは悲しい事実です。

タバコによって増える癌は肺癌だけではなく、口腔癌、喉頭癌、食道癌、胃癌、
膵臓癌、膀胱癌、腎臓癌といった、実に様々な全身の癌になりやすくなります。
循環器病として、動脈硬化、閉塞性動脈硬化症(足の痛みを生じる)、高血圧症、
狭心症~心筋梗塞が増えます。
肺(呼吸器)病として、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、気管支喘息。
また糖尿病のリスクを高め、認知症のリスクも2倍です。
これだけ聞けば、禁煙のモチベーションもあがるでしょう。

先回ブロク記事の高血圧との関連でも、皆さんにぜひ禁煙をトライしていただきたい。
ヘビースモーカーの患者さんは、とにかく血管が硬いです。
薬は2種類ありますが、あくまで「禁煙補助薬」です。主役は患者さんの気持ちです。
もちろん薬なしで禁煙できればそれに越したことはないのですが、
禁煙に失敗してしまった方には、薬による禁煙治療をお勧めします。

愛知県名古屋市千種区にある内科で食事療法による高血圧や糖尿病治療ならむらもとクリニックへ

投稿者: むらもとクリニック

2012.05.20更新

本日は春の穏やかな1日です。世間は、明日の金環日食フィーバーといったところですね。
この陰に隠れて、残念なことにほとんど報道されませんが、5月17日は世界高血圧デーでした。
一般的には知られていませんよね。また、高血圧デーだから何?ぐらいの反響でしょうか。

高血圧の人によい、特定保健用食品(いわゆるトクホ)のお茶のCMで、盛んに
「血圧が130超えたら高めのサインです~」と歌っていますね。
あれは、病院・診療所といった医療機関や健診センターで測ったときの、
高血圧予備軍(正確には正常高値血圧)の基準ですが、
こういったマスメディアの力も借りて、一般の方の、高血圧に対する
認識が高くなってゆけばよいなと、切実に思います。

当院の高血圧に対する取り組みとして、家庭血圧を重視して、これを診療所のパソコンに
ファイルとして残し、いつでも閲覧できるようにしてあることは、HP本文中にも述べました。
家庭血圧測定なしで治療すると、さながら羅針盤なしで航海しているような感じですから、
高血圧の患者さんや、正常高値血圧の方は、ぜひ家庭血圧をつけて欲しいと願っています。

朝と夜の血圧に差があり、とくに朝の方が高い場合には24時間自動血圧測定が有用ですが、
これで夜間に時々血圧上昇(スリープサージ)がみられる患者さんには、
睡眠時無呼吸症候群の疑いがあるとされています。

睡眠時無呼吸症候群は、高血圧の原因の1つです。
また降圧剤の効果が不十分となる、いわゆる治療抵抗性高血圧の患者さんに
多くみられるため、高血圧診療の中で重要な疾患となっています。

そこで当院でも、睡眠時無呼吸症候群の有無を調べるため、
終夜睡眠ポリグラフィーという検査ができる機器を、このほど購入しました。
購入した日が奇しくも世界高血圧デーに重なったのは、面白い偶然でした。
今後、これを取り入れて、高血圧症に対してさらに本格的な診療を、と思っています。

たとえ高血圧がなくても、いびきがひどい、と言われたことがある方、
日中に突然眠くなることがある方、あるいは昔に比べて疲れやすくなったとか、
集中力がなくなったと感じておられる方に、お勧めします。
高度な肥満の方でなくても、発見されることがあります。

愛知県名古屋市千種区にある内科で食事療法による高血圧や糖尿病治療ならむらもとクリニックへ

投稿者: むらもとクリニック

2012.05.06更新

ゴールデンウイークはいかがお過ごしですか。名古屋の天候は、良好な方でした。
暑い日中には、冷たいものが欲しくなるほどの陽気ですね。

さて、前回は玄米の長所を述べました。今回もその続きです。
玄米のおいしい定食を食べさせてくれるところをご紹介します。
旬楽膳といいまして、名古屋市内では名東区にあります。
健康を志向して自然食品を好まれる方にはぴったりです。

スーパー風のショップと、その隣にRAKUZENというレストランがあります。
レストランではモーニングや昼食もあるそうですが、ここで私は夕食をいただきました。
何種類かの定食が用意されていました。
まずは前菜のサラダはバイキング風にセルフサービスでいただきます。
主食は玄米、あるいは五穀米ごはんを選べるようになっており、
私は玄米ごはんを食べてみましたが、量は茶碗に小盛りでした。
おかずはせいろ蒸しで、なにしろ野菜いっぱいの健康食です。
さらにお好みでデザートも、セルフサービスでいただけます。

食べてみて感じることは、食物繊維をなるべく野菜で摂ろう、という発想。
さらに玄米ごはんのおいしいこと。ここからも食物繊維が摂れます。
じゅうぶん腹いっぱいにいただいて、お値段は1500円ほど。お値打ちです。
このような食事ならば、低GI食ですので低インスリン状態を保つことができ、
健康人が糖尿病になっていくのを予防できるだろう、と感じます。

これの真反対の食事が、白米大盛り、野菜なしの食事で、
血糖の急激な上昇を考えると、恐ろしい食事です。
とにかく繰り返し強調したいのは、現代人は糖質摂取過剰が多い。
しかもGI値の高い白米、白パンが主食であるのは、よくないのです。
脂質摂取過剰の人がいるとしても、少なくともそれが糖尿病発症の主たる原因ではない。
それよりも、糖質の摂り方に問題があるからです。

ただし、上に述べたような玄米食は、糖尿病の予防の段階には有効ですが、
糖尿病の方、とくに中性脂肪値が高い方は、低GI食では不十分です。
しっかり糖質制限(限りなくゼロに)する必要があり、糖尿病の程度によって、
夕食のみ制限するか、朝食も制限するかを決める必要があります。
低GI食よりも、糖質制限が勝るわけです。

あと一つ、つけくわえておきたいと思います。
食物繊維は多いほうがよいが、糖質は少ないほうがよい、というのが真実です。
そのため、これからは低炭水化物療法、と呼ぶのは避けて、糖質制限食、と
呼ぼうと考えています。これも前回のブログから読んでおられる方なら、
容易に理解していただけると思います。

愛知県名古屋市千種区にある内科で食事療法による高血圧や糖尿病治療ならむらもとクリニックへ


投稿者: むらもとクリニック

2012.05.03更新

ゴールデンウイーク真っ最中ですが、なぜか最近、悲惨な交通事故のニュースが続いています。
他人事とは言えない問題で、みなさんも気をつけて下さい。

前回の続きですが、我々は糖質をいかなる方法でとるか、についてです。
これは結構重要な課題で、日頃から血糖指数(グリセミック指数、GI値)が低いものを
主食としておけば、2型糖尿病の多くは予防できると思われるためです。

現在われわれの多くが主食としている精製米(白米)の血糖指数(グリセミック指数、GI値)が
比較的高いことを、前回述べました。白米の実際のGI値が84であるのに比して、
玄米のGI値は56で、主食とするのに優秀な食材と言えます。

しかも玄米ならば白米に比して食物繊維は3~6倍、ビタミンB1は約5倍、ビタミンB2は約2倍、
ビタミンEは約6倍、鉄やリンは約2倍摂ることができるのに、惜しいと思われませんか。
精製米がこれほど流通せず、玄米が主であればよいのに、と、素直に思います。

ここで食物繊維の話に戻りますが、炭水化物と糖質の違いはなんでしょうか。
答えは、炭水化物とは、糖質と食物繊維をあわせたものです。
我々は、食物繊維は積極的に摂るべきですが、その際、ほぼ必然的に糖質も摂ることになります。
しかし、この糖質だけは、摂取過剰になるとよくないわけです。

ですから、精製することによって食物繊維の多くが失われてしまっている白米という食材は、
主食とするのにあまり適していない、と考えます。
玄米は食物繊維が豊富で、その影響でGI値も低いわけです。
健康志向ならば、ぜひもっと玄米を食べましょう。
長くなりそうなので、とりあえず、これまで。次回も玄米と食物繊維の話題の予定です。

愛知県名古屋市千種区にある内科で食事療法による高血圧や糖尿病治療ならむらもとクリニックへ

投稿者: むらもとクリニック

かかりつけ医として地域の皆様のために
良質な医療を提供したい

当院は地元のみなさまの健康をまもり、よりよい生活を送っていただくために、
患者さん一人一人の健康管理のお手伝いを致します。

お気軽にお問い合わせ下さい 052-711-3221
common_tel_sp.png