院長ブログ

2012.07.29更新

ロンドンオリンピックが始まりました。すでに嬉しい結果がいくつか報道されています。
これから約2週間、熱い戦いに注目です。

7月中旬に梅雨明けして以来、とてつもなく暑く感じます。熱中症の報道が
毎日のようにあります。毎年の傾向としては、高齢の方が、
家の中で熱中症になってしまった事例が目立ちますので、
節電はほどほどにしておかなければなりません。

しかし、何といっても炎天下の仕事やスポーツの方が危険です。
先日、ゴルフをしてきたのですが、恥ずかしながら、下腿に軽いこむら返りをおこしました。
これも脱水のときの症状で、急いでお茶を飲んだ後は、何ともありませんでした。

本来なら、凍らせたお茶を水筒に入れて持参するのがベストです。
ペットボトルに断熱材をかぶせれば、氷も溶けにくいはずです。
ただ、どこにでも自動販売機がある我が国では、気軽に清涼飲料水を
手に入れることができます。しかし、スポーツドリンクを大量に飲むのは避けてください。
昨年も記事にしましたが、ペットボトル症候群とか、ソフトドリンクケトーシスと呼ばれる
病的な状態に陥ることがあります。

これは急性の糖尿病増悪で、ひどい倦怠感、脱水、脱力、場合によっては昏睡状態に
なることもあります。先回の渡辺徹さんの例にもあるように、ソフトドリンク好きの方は要注意です。
結局、熱中症を恐れるあまり、どんどん飲んでしまうのですが、糖尿病の人はその糖分を
処理しきれないのです。血糖値が上昇してくると、口渇感が出てくるために、
まだ水分が足りないのだと勘違いしてさらに飲んでしまう。こういった悪循環で起こるのが
ペットボトル症候群です。怖い病態です。

こんな病態に陥らないようにするための注意点があります。
健診を受けて糖尿病の傾向が全くない方も、清涼飲料水はなるべく1本(500ml)まで。
2型糖尿病ないし糖尿病予備軍の方は、お茶ないしノンカロリーのミネラルウオーター。
自分で作るなら、例えば水1リットルに対して1g~2gほどの食塩と、適度のレモン汁を溶かす。
ここに糖分を入れるとしても、最大で10gほどにしておく。
これで2リットル飲んだとしても安全な飲料の完成です。
ちなみに真水(水道水)のみを大量摂取すると、水中毒といわれる病態に陥るため、
塩分は必須となります。次回は、この塩分の話題にしようかと思います。

愛知県名古屋市千種区にある内科で食事療法による高血圧や糖尿病治療ならむらもとクリニックへ

投稿者: むらもとクリニック

2012.07.16更新

パンダの赤ちゃんは誠に残念でした。まだ名前もないうちの、はかない命でした。
季節はというと、梅雨の晴れ間は暑く、また九州北部では豪雨の被害も深刻ですね。
なかなかいいニュースはないものです。

ちょっと前のニュースになってしまうのですが、
俳優の渡辺徹さんが、平成24年5月18日に心臓カテーテルを使用した血行再建術を受けて、
翌5月19日に退院し、6月9日に久しぶりにカメラの前に元気な姿をみせてくれました。
冠動脈枝が完全閉塞状態で、心筋梗塞になる前に命を救われたとのことです。
松村邦弘さんも3年ほど前に、東京マラソン中に心筋梗塞を起こして心停止し、
幸いAEDで救急措置を受けて、今では見事に復帰されています。
2人に共通するのは、若くして糖尿病になって、さらに心血管疾患を患ったことです。

今回、渡辺徹さんをテレビでみて、誰もが思ったはずですが、激やせされていました。
なにしろ大食いで知られる渡辺さんは、多い日には6食を平らげた上に、
コーラを9リットル(コーラだけで4,100kcalほど)を
飲んでしまったことがあるという武勇伝をお持ちです。
これまでも、奥様の手作りの健康メニューで痩せたり、リバウンドで大量の外食を食べて
激太りしたりの繰り返しでした。こういった大食いの人は、糖質過剰、炭水化物中毒、
というのは、以前にも述べました。

インタビューの中で渡辺さんは、「お好きなカツどんはもう食べましたか?」と質問され、
「カツどんかぁ~。残念ながら、いまはカツ鍋までなんですよね~。カツどんまで
まだ行っていないんですよ。」と応えられました。
その受け答えを聞いて、私は直感しました。ここからは報道ではなく、推察ですが、
激やせしたのは、厳格な糖質制限食を実行しているからではないか、と思います。
医師に指導されたか、あるいは奥様の判断か?
渡辺さんは、ごはん(白米)に未練がありそうな表情をされていました。

糖尿病患者さんは、心筋梗塞も含めた虚血性心疾患になるリスクが、
糖尿病のない人に比べて2倍~4倍と、強い因果関係があります。
渡辺さんのような方は、たとえ白米が好きでも、
今度ばかりは今までの食事の間違いに気づいて欲しいと思います。
残りの人生をインスリン注射なしで乗り切るためには、
是非糖質制限食を続けていただきたいものです。
慣れてしまえば、そして治療効果が確実に現われれば、喜びに変わるはずなのです。

愛知県名古屋市千種区にある内科で食事療法による高血圧や糖尿病治療ならむらもとクリニックへ

投稿者: むらもとクリニック

2012.07.02更新

まだ梅雨が続きます。雨はやっぱり気が晴れませんね。
まずは梅雨の時期にみられる病気に効く漢方薬のことを少しだけ。

梅雨の季節になると頭痛が治らない。体のどこかがうずく。なぜかめまいがする。
こういったお悩みの方はいらっしゃいませんか?
これらは漢方医学でいう「水毒」を疑わせる症状で、利水薬という範疇の漢方薬がよいです。
「漢方薬ってすぐには効きませんよね?」と訊かれることは多いのですが、
利水薬には即効性もあり、ぜひお試しください。西洋の頭痛薬だけに頼るのはよくないです。

では本題ですが、日本人に適した1日の糖質摂取量は?
実はまだ正確なことはわからないのです。実際、簡単に決められる問題ではないでしょう。
先回のブログにとりあげたように、日本糖尿病学会がとりあえず1日130g前後、
としたわけですが、今後、議論されながら様々に変化してゆくでしょう。
例えば体重別、身体活動別といった視点でもバリエーションがあると思います。

こういった視点は従来のカロリー制限食にすでに取り入れられており、
身体活動別に1日の総摂取カロリーを決め、糖質(炭水化物)はその60%程度、
脂質は20%程度、タンパク質も20%程度にするべき、と決められていました。
完璧な食事指導のように見えます。
しかし、問題点のひとつは、60%という数字には、真の根拠がなかったわけです。
もうひとつの問題点は、日々の食事を、そんなにうまく調節できないことでした。

例えば高血圧の患者さんをずっと経過観察していますと、
年齢とともに次第に糖尿病予備群~軽症糖尿病になってゆく患者さんが多くいらっしゃいます。
驚くべきことに、そのほとんどは、「まったく普通の」食生活をしておられます。例えば、
朝は食パン1枚とサラダ、昼や夜は茶碗に軽く1杯の白米と副食1~2品。間食や飲酒は一切なし。
この食事で糖尿病になってしまうことがあるという事実を、皆さんはどのように思われますか。
上の例で糖尿病になる人、ならない人の差は、確かに遺伝的要素もあるようです。
しかし、既に認知されているように、日本人を含めた東洋人は、
欧米人に比べて膵臓からのインスリン分泌能が平均的に低いのです。

糖尿病予備群のことを、医学用語では耐糖能異常、と呼びますが、
耐糖能、という言葉が示すとおり、糖を摂ってもそれに「耐えきれるかどうか」の能力、
すなわちインスリン分泌能がどれほどあるのか、がポイントです。
男性80年、女性86年、という平均寿命の中で、一見普通に思われる食事が
耐糖能の破綻をきたしてしまうという事実から、茶碗1杯の白米に、日本人は
「耐えきれないかも知れない」と考えるべきでしょう。
それならば、膵臓への負担を軽くしたい。つまり糖質摂取を減らしたいものです。

糖尿病になりそうな遺伝体質のある人はどうすべきか。
それはまた後ほど。
愛知県名古屋市千種区にある内科で食事療法による高血圧や糖尿病治療ならむらもとクリニックへ

投稿者: むらもとクリニック

かかりつけ医として地域の皆様のために
良質な医療を提供したい

当院は地元のみなさまの健康をまもり、よりよい生活を送っていただくために、
患者さん一人一人の健康管理のお手伝いを致します。

お気軽にお問い合わせ下さい 052-711-3221
common_tel_sp.png