院長ブログ

2012.08.13更新

ロンドンオリンピックが閉会しました。我が国は、総メダル数が史上最多!
日本初のメダルや何年ぶりのメダル、といった報道が多かったのは、
大いに頑張った証しだったと思います。

まだまだ夏の真っ盛り。前回の続きで、塩分の話題です。
夏の食べ物で、そうめんや冷麦がお好きな方は多いと思います。
そこで考えておくべきは、塩分はどれくらいあるのか、ということです。
夏は熱中症予防のため、塩分を含む飲み物が必要、というのが前回ブログです。
冷麦やそうめんも、もとは塩分補給のための知恵であったと考えています。

そうめんを例にとって、1人分の塩分を計算してみました。
そうめんを生で食べると、相当塩辛いのはご存知でしょうか。
普通に1人分(2束)をゆでて食べるとすると、ゆでる前には食塩3.5~4.0gほど。
ゆでると食塩量は約6分の1になり、0.6~0.7g。
これにそうめんつゆが約50mlとすると、食塩1.6~2.0gほど。
合計で2.2~2.7gほど、となりました。
ラーメンやうどんに比べれば、思ったより少なめ、とも言えます。

ただ、そうめんだけでは満足しないでしょうから、おかずを食べれば、
これにプラスアルファの塩分が入ってきます。

そうめんの他に、夏は冷しトマトやスイカに、塩をかけて食べる方も多いと思います。
これも夏の熱中症予防にはよいことです。
ただ、考えてみると、クーラーのなかった昭和初期、国産クーラーが登場し始めた戦後には
大いに汗をかいたでしょうから、塩分摂取は当たり前に必要なことでした。
1日中エアコン完備の室内で過ごされる人、移動も車の人には、
夏に限って塩分摂取を増やす必要はないことになります。

このあたりのことを、当院では高血圧症の患者さんにお聞きして、
必要な場合には尿検査で1日に摂取されている食塩量を推定しています。
たくさん調べてみますと。塩分をしっかり控えている方で1日4g代の前半。
まったく控えていない人では、17gほどのこともあります。
この結果を踏まえて、高血圧治療の際の薬の選択に応用しております。

愛知県名古屋市千種区にある内科で食事療法による高血圧や糖尿病治療ならむらもとクリニックへ

投稿者: むらもとクリニック

かかりつけ医として地域の皆様のために
良質な医療を提供したい

当院は地元のみなさまの健康をまもり、よりよい生活を送っていただくために、
患者さん一人一人の健康管理のお手伝いを致します。

お気軽にお問い合わせ下さい 052-711-3221
common_tel_sp.png