院長ブログ

2012.11.14更新

11月14日、今日は世界糖尿病デーで、糖尿病の脅威を啓蒙していこう、
というコンセプトで制定された記念日であるそうです。
新聞には関連記事が載っていましたが、その他では
あまり耳にすることがなかったかも知れません。
それにしても、我が国を含めてアジアに、なぜこんなに糖尿病が多いのか、
なぜ我が国では依然として糖尿病患者さんが増え続けているのか。
これについては、いろいろな原因が考えられます。
医師として、とにかく何とかしなければ、という想いで、順次述べていきます。

前々回(2012/10/27)の補足として、赤肉、白肉についてもう少し述べます。
赤肉は赤筋(遅筋)で構成され、これに含まれるミオグロビンは、
持続的に運動するために必要な酸素を筋肉中に蓄えるためのもので、
赤肉の典型例は、一生泳ぎ続けるマグロの赤身です。
またどんな動物も、心臓の筋肉は当然赤肉です。
一方、普段はじっとしているのに、突然速く動く動物の筋肉は、ミオグロビンを
含む必要がないので白筋(速筋)となり、ヒラメ、エビがその典型です。
赤筋、白筋の他には、その中間的な役割の中間筋も存在します。
純粋な赤筋、白筋のみからなる筋肉はなく、これら3種の筋が
様々な割合で混じっています。
 
さて陸上動物はどうでしょうか。
牛はじっとしているように見えますが、常に立っていて
少し左右に揺れています。
牛にとってはこれが持続的な運動であるため、牛肉はほぼ赤肉となっています。
豚肉、鶏肉は、生の状態ではピンク色に見え、赤肉と白肉の中間的なものです。
鶏の場合、もも肉を加熱すると、断面がやや黒っぽく見えます。
このため鶏のもも肉は英語でdark chickenと呼ばれています。
これはミオグロビンの色で、鶏はずっと立っているため、
牛と同様にミオグロビンを必要としているのです。
しかし、鶏はめったに羽ばたきませんから、
鶏の胸肉やササミは白肉が主体です。
 
シャケが白身であることは、前回にも触れました。
シャケは小エビをたくさん食べるため、本来白身であった自らの肉が、
小エビが持っているアスタキサンチンという赤い色素に染まっている訳です。
白身魚は全体に身が透き通った白肉から成っていますが、
側線の下には血合い肉を持つものがあり、この部分は赤肉となります。
アジは白身と思われていることが多いと思いますが、
全体に薄い赤色が混じっており、なんと赤身魚に分類されています。 

今回は赤肉白肉の解説で終わってしまいましたが、これらのことは、
一般知識でもありますから、ぜひ皆さんに知っておいていただきたいと思います。
なぜ私がこんなに赤肉白肉にこだわるのか、については、
次回、「我々はイヌイットにはなれない―その2」と題して、
肉の話題の締めくくりを述べたい、と思います。

愛知県名古屋市千種区にある内科で食事療法による高血圧や糖尿病治療なら
むらもとクリニックへ


投稿者: むらもとクリニック

2012.11.12更新

アメリカでは、オバマ大統領が再選を決めました。
今回のスローガンは、Forward、前に進もう、というもので、
初当選の4年前のスローガンは、Change、変革でした。
一方、我が国の政治は迷走していますね。政界再編間近のような匂いもあります。

これをローカーボの世界にも、何か共通するものがあるような印象があります。
糖尿病の食事療法に糖質制限食が登場したのは、確かにChange、変革でした。
しかし現在、その方法は医師により様々で、統一されていません。
従来のカロリー制限食を支持する医師とも対立、
ないし少なくとも意見の一致が得られない状態です。迷走状態、と思います。

ローカーボ食を施行する場合、当院が行っているように、
1食のみの糖質制限を中心とする「穏やかローカーボ」が、
全体の主流であると信じておりますが、
中には3食とも糖質制限する「厳しい糖質制限」を唱える医師もいます。

しかし、ローカーボ食を厳しくすればするほど、かえって糖尿病になりやすく、
総死亡率や癌による死亡も増えることが示されており、
しかもこれらはハーバード大のグループが明らかにした、厳然たる事実です。
植物性タンパクと脂肪を主体に食べれば、死亡率も糖尿病発症も増えません。
しかし、巷にあふれる肉料理を、長期間我慢することはとても難しいと思われ、
どうしても赤肉の摂取量が増えると思われます。
このため、全体としては死亡率が増える結果となるのでしょう。
だから「穏やかローカーボ」、しかも植物を主体としましょう、と述べているわけです。

ローカーボ食を指導する医師が、こういった問題点をしっかり患者さんに
伝えていけるかどうかが、今後はとても重要、と思います。
糖質を諸悪の根源であると勘違いし、これさえ食べなければすべてハッピー、
という偏った考え方は、やめてください。

医師によって指導が異なる、ということを、あえて迷走状態、と述べました。
しかし、こんな状況からも、光を目指してForward、前に進まねばなりません。
人類が糖尿病を克服するのは難しいでしょうが、少なくとも、糖尿病の発症を減らし、
結果として我が国が長寿国としての位置を保ちながら、
可能であれば医療費も減らせる日を夢見て・・・。

愛知県名古屋市千種区にある内科で食事療法による高血圧や糖尿病治療なら
むらもとクリニックへ

投稿者: むらもとクリニック

2012.11.04更新

スポーツの世界では、プロ野球シーズンが終了し、サッカーやゴルフは大詰め、
フィギュアスケートやカーリングといった、ウインタースポーツが既に始まっており、
秋から冬への移ろいを感じます。

いつもは糖尿病関係のブログが多いので、今回は高血圧の話題です。
高血圧患者さんには、可能な限り家庭血圧を測定していただくのがよく、
これは今や常識です。

私のクリニックに通っておられる高血圧の患者さんのうち、約8割が家庭血圧
を測定して、さらに記帳して持ってこられます。
患者さんが受診されるたび、一度は診察室で外来血圧を測ります。
これがたまに高い値を示した時に、よく聞かれる言葉があります。
患者さん曰く、
「ああ、ちょうど今朝、薬がなくなっていることに気づいたから来たのです。今朝はまだ
薬をのんでいないから、血圧が高いのですね。今朝の家庭血圧も高かったです」、と。
そういう気分になるのは無理もないのですが、それはちょっと違います。

もともと、朝の家庭血圧は、朝食や朝の薬よりも前に測定していただくよう、
お願いしてあります。
普段の家庭血圧が安定しているということは、薬を飲む前の血圧が
良好であることを意味します。そこへ、今日の薬を飲んだときに、
ポン、と血圧が下がってしまったら、大変です。

最近よく使われる降圧剤は、ほとんどが1日1回服用するタイプで、
効力の持続性がよいのです。
例えば薬がない状態から、薬の服用を開始した時を考えてみると、
初日からすぐに最大効果を発揮するわけではなく、徐々に効果が増していきます。

これを説明するのに、私流の説明をすると、こうなります。
「例えば自転車を発車させると、ペダルを踏むごとに次第に速度が増していきますね。
しかし、どこまでもスピードが増すのではなく、一定の速度で安定するでしょう。
安定した後も、ペダルを踏み続ける必要がありますが、毎日飲んでいる薬の効果は、
このペダルを踏む1回分の力に相当します。
では、ペダルを踏むのを休むと、しばらくは惰力で走っていきますが、
次第に速度が落ちていき、しまいには止まってしまいます。
つまり、たまに薬を飲み忘れた時にも、
昨日のんだ薬、さらには2日前や3日前にのんだ薬も、
体の中に少し残っており、だからいっぺんに血圧が上がることはないのです。
だから今朝の家庭血圧が高かったのは、薬がないことに気づいて不安になったとか、
他の原因で上がったとか、そうでなければ偶然高かっただけ、ということでしょう。」

正しく言うなら、薬の血中半減期とか、受容体への結合の安定性、というような
難しい専門用語を使わなければならないところですが、
そんな言葉を使わずに説明するにはどうしたらよいか、と考えた末のものです。
ブログの表題の意味が不明だったかと思いますが、悪しからずご了承を。

この説明で、理解できたとおっしゃる患者さんは多いのですが、
だからといって、薬を時々のみ忘れてもよい、ということではありません。
これも念のため誤解なきよう、お願いします。

これから季節は冬に入りますが、夏から冬にかけて、一般的には
血圧が上昇するため、注意が必要です。家庭血圧を記帳しておられる患者さんは、
是非、続けていただきたく思います。

愛知県名古屋市千種区にある内科で食事療法による高血圧や糖尿病治療ならむらもとクリニックへ

投稿者: むらもとクリニック

かかりつけ医として地域の皆様のために
良質な医療を提供したい

当院は地元のみなさまの健康をまもり、よりよい生活を送っていただくために、
患者さん一人一人の健康管理のお手伝いを致します。

お気軽にお問い合わせ下さい 052-711-3221
common_tel_sp.png