院長ブログ

2012.12.24更新

街はクリスマスイブで、素敵なイルミネーションがあちこちにみられます。
おいしいディナーを楽しんでいる方も多いでしょう。
ごちそうは、七面鳥の代わりに、チキンが多く消費されていることでしょう。

さて、クリスマスどころではなく忙しい方も多くおられると思いますので、
これくらいにしておいて、本題です。
前回の予告通り、イヌイットの食生活に関する続編です。
イヌイットが短命である理由について、脳出血や肺動脈出血が多いことが原因で、
それはアザラシを介して多量のEPA、DHAを摂取しているため、血液が固まりにくく
なっているため、との記載をみたことがありますが、この意見はどうか、と思います。

確かにアザラシの肉に含まれるEPA, DHAは、哺乳動物であるわりには多いです。
だからといって、そのせいで出血死が多くなるとすれば、どうなるのでしょうか。
我が国でも漁師さんの多くは動物の肉を食べず、魚介類を多く食べているはずです。
しかし、漁師さんが短命、とは聞いたことがありません。

この疑問に応える論文があります。
2009年にProceeding National Academic Scienceという、
基礎医学の専門誌に掲載されたマウスの動物実験ですが、
12週間の厳しい糖質制限食の結果、欧米食のマウスに比して
明らかに動脈硬化が強かったことが証明され、その原因として、
厳しい糖質制限食では血管内皮前駆細胞が明らかに減少し、
それを新生血管に誘導する酵素の活性も低下していることがわかりました。
しかも、糖質制限食実施4週の時点で、マウスの片足をしばって、その後の
血管新生を観察した実験で、欧米食マウスに比して明らかに血管新生能が
低下していることが実証されました。

マウスの実験じゃないか、とおっしゃるかもしれませんが、
動物実験というのは、食事を完全に管理できるため、信頼度が高いのです。
(逆にヒトでは、指示された食事を長期間守るのは難しく、脱落しやすい)
しかも、ハーバード大学の心血管センターと幹細胞研究所が、
この論文に関与しています。
厳しい糖質制限食で心血管疾患が増えるという臨床データを
説明する答えとして、十分であると思います。
マウスとヒトの寿命から換算すると、ヒトが厳しい糖質制限食を2年半ほど続けると、
すでに血管再生能力が低下していることになります。

主旨は血管再生能力すなわち血行障害に関することですから、
イヌイットに出血死が多いことについて、直接の答えにはなりませんが、
少なくとも、厳しい糖質制限食が血管に対して悪影響を起こすことは
容易に推察できます。
つまりEPAやDHAの血液サラサラ効果のせいで出血死しやすいのではなく、
極端な糖質制限食を続けた結果、出血死しやすいのでしょう。
日本の漁師さん達は、魚だけでなく、穀物や野菜も食べているでしょうから、
そんな危険はない、と言いたいのです。

再三述べているように、厳しい糖質制限食を施行するとしても、
なるべく短期間にしておいて、
糖毒性が解除されたら、穏やかローカーボか、
従来の食事療法に戻すべき、と思います。

では、メリークリスマス

愛知県名古屋市千種区にある内科で食事療法による高血圧や糖尿病治療なら
むらもとクリニックへ

投稿者: むらもとクリニック

2012.12.03更新

寒くなってきました。今、巷では、ウイルス性胃腸炎が流行しています。
発熱に加えて嘔気、嘔吐があり、点滴を必要とする例が多くみられます。
ひとたび発生すると、家族内で広がりやすいこともあり、困った病気です。

さて、予告通り、赤肉についての続編を書きます。
そもそもローカーボダイエットがもてはやされる発端として、
「イヌイット(エスキモー)は糖尿病になりにくい」という事実がありました。
ちなみにエスキモーという言葉は、生肉を食らう者、という差別的な
ニュアンスがあるため、現在ではイヌイットと呼ぶのだそうです。
糖質をほとんど摂らずに肉を中心に食べていれば糖尿病になりにくいのだ、
ということから、糖質制限食を糖尿病患者さんに応用したり、
糖尿病発症の予防に用いよう、という発想が生まれたわけです。

さてイヌイットは主にアザラシを食べて生きています。アザラシの肉というのは
どんな肉なのか、と思い、調べてみましたところ、これが見事な赤肉でした。
考えてみればアザラシは肺呼吸する哺乳動物で、
潜水して獲物をとらねばならないのですから、これはクジラと同じ状況です。
酸素を筋肉内に多く蓄えることのできるミオグロビンが是非とも必要な
動物ですから、クジラと同様に赤肉であるのは不思議ではありません。

健康人が厳しい糖質制限食を続けた時、それが動物肉、特に赤肉が中心であると、
むしろ糖尿病になるリスクが高くなることが、ハーバード大の研究グループによって
明らかにされたことを、すでに述べました(ブログ2012/09/02, 2012/10/27など)。
すると、イヌイットの食生活は糖尿病になりやすいものであるはずで、
この法則に反するではありませんか。

だから、この件は、冷静に考え直す必要があると思います。
イヌイットの糖尿病の発生率は、約0.02%とのことです。
本当であれば確かに低率です。
しかし、イヌイットはかなり短命な民族であるそうで(正確な平均寿命は不明)、
糖尿病になる前に、多くの人が死んでしまっている可能性があります。
また、健診制度がどこまで普及しているのかを考えれば、0.02%という数字に
疑念を抱きたくもなります。

0.02%が本当であるとしても、こんな考え方もあると思います。つまり、
イヌイットたちは、長年にわたる赤肉の大量摂取によって、
膵β細胞はかなり萎縮してしまい、インスリン分泌能は低下している。
しかし、糖質をほとんど食べないため、日常的に血糖値の上昇は起こりにくい。
従って、空腹時血糖とHbA1c値を測ったとしても、異常を発見できない。
代わりに、もしもブドウ糖負荷試験を行えば、多くのイヌイットが糖質を代謝できず、
糖尿病型の血糖上昇パターンを示すであろう。
つまり、イヌイットたちは、普段の肉食では血糖上昇しないが、
その代わり、一生糖質を食べられない体になってしまっている


上の、『』の中に述べたことは、私の推測ですが、おおいにあり得ると思います。
この考え方を実証するのは、大変だと思いますが、日本ローカーボ研究会の中で
議論してみたいと思っています。

赤肉主体の食事の弊害については、ほとんど書き終わりましたが、
イヌイットが短命である理由について、少し追加したいことがありました。
これを次回に書きます。

愛知県名古屋市千種区にある内科で食事療法による高血圧や糖尿病治療なら
むらもとクリニックへ

投稿者: むらもとクリニック

かかりつけ医として地域の皆様のために
良質な医療を提供したい

当院は地元のみなさまの健康をまもり、よりよい生活を送っていただくために、
患者さん一人一人の健康管理のお手伝いを致します。

お気軽にお問い合わせ下さい 052-711-3221
common_tel_sp.png