院長ブログ

2013.06.10更新

いつしか梅雨の季節となりました。晴れ間はしっかり暑いが、曇りや雨の日もあり、
なにかと体調が変化しやすい季節ですので、ぜひご自愛下さい。

間があいてしまいましたが、2月3日に書いた、アルコール代謝の続編です。
アルコールが代謝されると肝細胞内でアセチルCoAに変換され、
これを代謝するには、糖質由来のオキサロ酢酸が必要、とすでに書きました。

ここでまず、適量のアルコール(エタノール)について確認です。
1日あたり純アルコール20gが適量とされていますが、これに相当するのは、
日本酒の場合、アルコール度数15度の商品とすると、167ml(約9勺)。
ビールは5度であれば500ml、焼酎は25度であれば100ml(約5.5勺)です。
日本酒は1合が適量とよくいわれますが、それではわずかに
適量オーバーなのですね。あと、商品によってアルコール度数が異なれば、
もちろんそれに応じて変化します。
焼酎は、水などで割る方が多いので、割る前の量を把握しておくとよいと思います。

さて、これらの適量のアルコール(20g)を代謝するのに必要なブドウ糖量は?
計算してみますと、78.14g、となります。
ブドウ糖は1gあたり3.35kcalですので、約262kcal、となります。
夕食が700~800kcalと仮定して、標準の食事なら炭水化物が400~500kcal
くらいですから、アルコール由来のアセチルCoAを十分代謝できます。

夕食にローカーボダイエットを採用する場合、糖質量が262kcalを下回ると、
残ったアセチルCoAは、分解されずに中性脂肪合成へ進みます。
もし、厳しい糖質制限食で、適量を超えるアルコールを飲むと、
確実に脂肪肝が進行することになります。
これが、習慣的にアルコールを摂取する方に対する、要注意点です。

もうひとつ付け加えておきたいことがあります。
すでに糖尿病としてメトフォルミンを投与されている方が、
厳しい糖質制限食とともに多量のアルコールを摂取すると、危険です。
なぜなら、アルコールも、メトフォルミンも、糖新生を抑制しますから、
飲酒中ないし就寝中に血糖値が低下して、
低血糖発作を起こす可能性があるからです。
怖いですね。
せっかくの楽しいお酒は、こういった心配をしなくてすむように飲みましょう。

愛知県名古屋市千種区にある内科で食事療法による高血圧や糖尿病治療なら
むらもとクリニックへ

投稿者: むらもとクリニック

かかりつけ医として地域の皆様のために
良質な医療を提供したい

当院は地元のみなさまの健康をまもり、よりよい生活を送っていただくために、
患者さん一人一人の健康管理のお手伝いを致します。

お気軽にお問い合わせ下さい 052-711-3221
common_tel_sp.png