院長ブログ

2013.08.16更新

本日は終戦記念日でした。
いえ、12時をまわって、これを書いているのは16日ですが。
そこで、今回は緊急寄稿で、戦争の遺産について述べます。
戦争が、糖尿病発症と関連あるかも、と聞いたら、皆さん、ピンとくるでしょうか。
しかし、これを裏付ける、最近話題の学説があるのです。

2型糖尿病の発症が、過食と運動不足だけのせいではないのは明らかです。
近年、糖尿病患者が確実に増えているのは、我が国を中心とする東アジア、
また西ヨーロッパに集中していると言われています。共通するのは何でしょうか。
二次大戦の時に三国同盟を組んでいた日本・ドイツ・イタリアと、その周辺国です。

これらの国々は戦禍にさらされることによって、食料不足が戦後も含めて
何年も続きました。そして低栄養状態の妊婦さんから生まれてきた子供たちは、
現在60歳代半ば~70歳代前半といったところでしょうが、
これらの人々が2型糖尿病になりやすいと考えられているのです。

つまり、母体内で低栄養状態で育った胎児は、低栄養に合うような
代謝プログラムが作られ、それから出生するため、
成人になった時には、普通の食事でも太りやすく、
その上、2型糖尿病や脂質異常症になりやすくなっている訳です。
実際、出生時体重の軽い赤ちゃんが、後に2型糖尿病になりやすいことは、
昔から知られています。
蛇足ですが、戦中戦後に限らず近年でも、女性に「やせ願望」があったりすると、
赤ちゃんは出生時体重が軽くなる傾向があるため、現在60歳よりも若い人たちにも
2型糖尿病が増えており、今後も増え続ける可能性がある訳です。

もともとは20年も前に、イギリスのBaker博士が提唱した「胎内プログラミング仮説」
と呼ばれていたものがあり、胎内で、特に6か月までの栄養状態が、
出生後の健康に影響を与える上で重要、というものでした。
近年では仮説にとどまらず、様々な方面から実証が進んでおり、
胎児期から幼小児期の環境が成人期の慢性疾患のリスクを決める、という意味で
Developmental Origins of Health and Disease(DOHaD)というキーワードが創られ、
これに関する国際学会、また我が国にも研究会が発足しています。

私はこの学説に大いに興味を持っています。
もしもこのブログを読んでおられる方の中に、現在妊娠初期、あるいは
これから妊娠希望の女性がおられましたら、妊娠中は是非しっかり食べて、
ただし、ご自身が妊娠糖尿病にならない程度に保って欲しいと願います。
妊娠を通じて、母体の体重は9~12kgほど増加するのが望ましいそうです。
お母さんは、自分が適度に太ることで、赤ちゃんを病気から守っている、
と言ったらおおげさでしょうか。

愛知県名古屋市千種区にある内科で食事療法による高血圧や糖尿病治療なら
むらもとクリニックへ


投稿者: むらもとクリニック

2013.08.12更新

いやあ、なにしろ暑いですね。40度超えのニュースもちらほら入ってきて、
当院にも軽症の熱中症と思われる患者さんがこられることがあります。
いよいよ夏本番、要警戒の時期です。

少し前になりますが、アメリカのソイレント・コーポレーションが開発した、
完全食「ソイレント」が話題になりました。
粉末を水に溶かして飲むだけで、必要な栄養はすべて摂れる、というもので、
8月からすでに商品化されたとか。
買い物も含めて食事の支度や片付けの手間を省いたり、
保存性を考えると、便利なものです。
何が含まれているのか調べてみましたが、3大栄養素から各種ミネラル、
ビタミン、食物繊維まで入っていて、確かに優れものです。
従来からあるカロリーメイトを、さらに進化させた感じでしょうか。
(参考ページ
http://robrhinehart.com/?p=424
しかし、これで本当によいのか、という疑問はどうしても残ります。

私が子供の頃、父(当クリニックの先代院長)に、
こんな質問をしたことがありました。
「もしも食事の代わりに飲めばよい薬が発明されたら、便利じゃないの?」と。
子供らしくない発想ですが、これに対する父の返答は、たった一言でした。
「そんな薬が発明されたとしても、そんなのを食事とは呼ばないんだ」

ソイレント・コーポレーションの尽力に水をさすのではありませんが、
私が言いたいのは、本来の健康食としては、なるべく自然に近い食材を、
ゆっくり噛んで、味わって食べて欲しい、ということです。
健康維持のための基本のはずですが、これがなかなか守れないものです。
働き盛り世代の2型糖尿病患者さんをみていますと、まず例外なく、
忙しいので運動する暇がなく、食事も速い傾向があります。
夜遅くに帰ってきて、ストレス発散のため飲酒しながら食事して、
疲れてすぐに寝てしまう。
こんな生活習慣に追い込んでしまう社会こそ、病んでいると思います。

今回のソイレントに対する、わが国でのネット上の反応は、
非常食としては優れているが、毎日飲むのはどうか?といった、
冷静な意見が多かったようです。
地震国ならではの考え方かもしれませんが、実際、私もその通りだと思います。
今は盛夏、冷えた野菜をいっぱい食べて、この夏を乗り切りましょう。

愛知県名古屋市千種区にある内科で食事療法による高血圧や糖尿病治療なら
むらもとクリニックへ


投稿者: むらもとクリニック

かかりつけ医として地域の皆様のために
良質な医療を提供したい

当院は地元のみなさまの健康をまもり、よりよい生活を送っていただくために、
患者さん一人一人の健康管理のお手伝いを致します。

お気軽にお問い合わせ下さい 052-711-3221
common_tel_sp.png