院長ブログ

2013.10.15更新

10月だというのに、暑い日もありますね。
寒暖差による風邪症状の方が増えてきました。
冬に向かって、高血圧の方は血圧がゆっくり上昇してくる時期でもあります。

さて今回は、腹式呼吸の重要性に関する雑感を述べます。
日頃、患者さんに腹部エコー検査を施行しながら感じることがあります。
肝臓は、肋骨の後ろに隠れて存在していますが、腹部エコー検査の際には、
超音波は肋骨を通過しませんので、そのままでは肝臓を観察できません。
そこで、息を深く吸っていただいて横隔膜を下げ、
これによって肝臓を下の方へ十分移動させて観察します。
この際、腹式呼吸をしていただく必要があります。

横隔膜は胸と腹を分け隔てているものですが、膜というより、厚みのある筋肉です。
ご存じのように、焼肉のハラミが横隔膜です。
横隔膜はドーム状で、これが収縮するとドームは平たくなり、肝臓を押し下げ、
肺は下の方へ広げられます。横隔膜がゆるむと、この逆に肺が縮みます。
これが「腹式呼吸」です。腹式呼吸では、腹が前に膨らんだりしぼんだりします。
一方、胸の肋骨を上下左右に広げるようにして息を吸うのが「胸式呼吸」で、
この場合は肩も少し上下に動きます。

しかし、腹部エコー検査の際に、深く息を吸っていただくと、
自然に胸式呼吸になってしまう人があります。
言ってみれば「腹式呼吸が苦手」な患者さんで、これだと肝臓が下へ移動しません。
そこで腹式呼吸を患者さんに理解していただけるよう、説明する必要があります。

そもそも、まったく意識せずに自然に呼吸しているときは、100%腹式呼吸です。
もちろん睡眠中の呼吸も、これです。
つまり横隔膜は、通常は自分の意志とは無関係に自律神経で動いているけれども、
自分の意志で、強く大きく動かすこともできる、という面白い性質があります。

そこで、まず安静にして自然な呼吸をしていただき、この呼吸を意識的に
だんだん深くしていただく。つまり、
「鼻からゆっくりおおきく息を吸って下さい」とお願いするだけで、
うまく腹式呼吸で深呼吸できるようになる場合があります。
これでうまくいかない時には、両腕を交差させて両手を両肩に置いて
いただき、「肩を動かさないで深呼吸して下さい」と説明したりします。
何とかして腹式呼吸を理解して実践していただけるよう、
この他にもいろいろ説明の工夫の余地がありそうです。

実際のところ、内臓型肥満の患者さんは肝臓の位置が高いところにあるため、
十分な腹式呼吸で肝臓を下へ移動させる必要があるのですが、
内臓型肥満の患者さんは、腹式呼吸が苦手な傾向があり、
このため肝臓が一層観察しにくいというジレンマがあります。

さて話を発展させると、深呼吸を利用したダイエット法が、いくつかありますね。
(例によって、ダイエットという言葉の正しい意味からは外れます。)
ヨガ、ピラティス、ロングブレスダイエット(美木良介氏)、ドローイングダイエット、
と、ざっと見渡しただけで4通りの方法があります。
このうちヨガとドローイングダイエットは、腹式呼吸重視、
ピラティスとロングブレスダイエットは、胸式呼吸重視、と分類されます。
それぞれ、ご参照、ご確認下さい。

私はこのすべてを一定期間試したわけではないので、どれが一番よい、とは
断言できない立場ではあります。
しかし、一度、ジョギングしながら息を2回吸って、2回はく動作を続けてみて下さい。
「スッ、スッ、ハッ、ハッ、スッ、スッ、ハッ、ハッ」という要領で。
こうすると、実に簡単に腹式呼吸が実践できているのではないでしょうか。
人はジョギング中は、自然に腹式呼吸になる、という訳です。
そして、腹式呼吸すれば横隔膜が上下に動き、腹腔内脂肪が上下に
もみほぐすように刺激を受けるはずです。

ジョギングを真面目に実行された患者さんは、見事に減量に成功していますが、
このように、お腹(横隔膜)を動かすことが秘訣なのでは、と思う次第です。
エステでも、落としたいところを集中的にもみほぐしますね。
この観点からすると、腹腔内脂肪を落としたいならば、
腹式呼吸の方がよいのではないか、というのが、現在のところの私の持論です。
そして、どんな方法であれ、続ければ効果が出るのではないでしょうか。
「継続は力なり」です。

愛知県名古屋市千種区にある内科で食事療法による高血圧や糖尿病治療なら
むらもとクリニックへ



投稿者: むらもとクリニック

かかりつけ医として地域の皆様のために
良質な医療を提供したい

当院は地元のみなさまの健康をまもり、よりよい生活を送っていただくために、
患者さん一人一人の健康管理のお手伝いを致します。

お気軽にお問い合わせ下さい 052-711-3221
common_tel_sp.png