院長ブログ

2013.12.31更新

時は年末、大晦日です。当院も年末年始休業中です。
いかがお過ごしでしょうか。
今年は、インフルエンザの流行がやや遅い感がありますが、
このほど12月26日、愛知県がインフルエンザ流行期に入ったと報じられました。
ワクチンを接種された方も、実際に感染しないための予防が必要です。

さて、本文中にも述べてあることですが、インフルエンザの実践的な予防法は?
昔から、うがい、手洗い、マスク、の3つが有効と伝えられていますが、
うがいは、だれでも外出から帰った直後に行いますよね。
しかし実際のところ、「外出後のうがいは効果なし」と考えるべきです。

うがいでウイルスを洗い流すのは、とても困難なことで、本文中に述べた通りです。
これは私が常々思ってきたことですが、
実際、厚生労働省のホームページ中の、インフルエンザQ&Aを見てみますと、
インフルエンザの予防に関する記述の中で、「うがい」という言葉は一切ありません。
下のリンクの、Q9ををご参照ください
www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html

うがいの文言は、2013年の初頭に削除された、とのことです。
私も同感で、うがいの効能は、正確に言えば
「外出前にうがいしておいて、さらにマスクもして外出すれば、
喉の潤いを保つことができるので、外出前のうがいは、有効かも知れない」
といったところでしょう。

また最近話題になっているのが、ある種のヨーグルトに含まれる乳酸菌が、
NK活性を増感し、インフルエンザワクチンの効果を高めるとか、
これ単独でもインフルエンザも含めて一般かぜ罹患に対する
予防効果がある、といったものがありますね。
このヨーグルトは、店頭にはほとんど売り切れ状態となっています。
しかし、順天堂大、免疫学講座の竹田和由教授によれば、
理論的には、納豆やきのこ類でも、同様の効果が期待できるとの事です。

いろいろな情報がありますが、正しい行動が良い結果を生む、と信じて、
実際ヨーグルトや納豆やきのこ類には、他の意味でも健康に好影響が
ありますので、試してみる価値あり、と思います。
来年は午年、皆様にとりましても、飛躍の一年となりますように。

愛知県名古屋市千種区にある内科で食事療法による高血圧や糖尿病治療なら
むらもとクリニックへ


投稿者: むらもとクリニック

2013.12.16更新

めっきり寒くなりました。ノロウイルスやインフルエンザも心配な季節です。
これについては後日述べたいことがあります。

最近の話題ですが、私が属する日本ローカーボ研究会の本が出版されました。
平成25年12月10日初版となっていますが、もう書店に並んでいるかと思います。
「正しく知る糖質制限食 科学でひも解くゆるやかな糖質制限」、
技術評論社、定価1,680円です。
一般書の形態ながら、内容が濃いので、教科書になりそうなものです。
糖質制限の書物は多数ありますが、是非この書を購入されることをお勧めします。
糖尿病治療においては、何が目的で、何が注意すべき点なのか、よくわかります。

この書の中で強調されているのが、癌の発生です。
糖尿病の合併症は、微小血管病変と大血管病変である、ということが、
それこそ長年いわれてきましたが、実際に命にかかわるのは結局のところ癌であり、
糖尿病患者においては癌の発生が増えることから、当研究会では、
糖尿病の合併症のうちで最も重要なのは癌である、と位置づけています。

いかにして癌の発生率を減らすべきか、またいかにして早期発見するかが、
糖尿病診療には求められている、そう感じます。

ところで平成25年11月30日には、当研究会主催の勉強会が行われ、
私も壇上に上がらせていただきました(下記URL参照)。
http://low-carbo-diet.com/record/periodical-study-society-record/no-5/
この第1部で検討された症例は、参加者の皆さんの間に大きな反響を呼びました。
夕食の糖質制限を適用して糖尿病治療中に、体重は順調に減っていったものの、
HbA1c値は次第に悪化していき、その原因がつかみにくかった、という症例です。
精密検査の結果、インスリン分泌が明らかに低下していることが発見され、
膵臓癌が発生していたのがその原因であった、というものです。

膵臓癌は比較的発生頻度が低いとはいえ、早期に発見しにくい癌のひとつで、
困ったことに糖尿病患者さんにおいては、糖尿病を持たない患者さんに比して
発生頻度がはっきり増加する、という事実があります。
患者さんがこのような状況になった時、癌の可能性に早く気づくことが必要です。
当院もエコー機器を保持しており、上記とよく似た状況で、
幸い膵臓癌を早期発見できた例がありますが、これに満足せず、
今後も常に監視の眼を光らせていくことが求められています。

愛知県名古屋市千種区にある内科で食事療法による高血圧や糖尿病治療なら
むらもとクリニックへ



投稿者: むらもとクリニック

かかりつけ医として地域の皆様のために
良質な医療を提供したい

当院は地元のみなさまの健康をまもり、よりよい生活を送っていただくために、
患者さん一人一人の健康管理のお手伝いを致します。

お気軽にお問い合わせ下さい 052-711-3221
common_tel_sp.png