院長ブログ

2014.09.01更新

夏休みも終わりです。暑すぎた時期があまり続かず、
一安心かと思ったら、例年になく雨がふり、挙句、
大雨による災害があったり、気が休まらない夏でした。
被災地の方々には、多大なる心痛、お察し申しあげます。

今日は、健康食を目指してのワンポイント、
EPAについてです。EPAは正式には
エイコサペンタエン酸といい、ωー3脂肪酸の一種です。
いわゆる血液サラサラ効果、血管の内皮機能の改善、
それによる血圧低下効果、認知症予防ないし改善効果が、
もともと知られていました。
これに加えて最近注目されているのは、
EPAによる糖尿病予防効果です。
EPAは小腸からのGLP-1分泌を促進することがわかっています。
このGLP-1は、インスリン分泌促進に働きますが、
別名「やせるホルモン」とか「食欲抑制ホルモン」と呼ばれ、
糖尿病治療薬としての注射薬も存在します。
高度の肥満を伴う2型糖尿病患者さんには、
体重減少効果がとても優れています。

この注射薬は残念ながら、とても高価な治療費がかかるもので、
気軽に使うべきものではありません。
こんな薬を使わなくても、EPAが豊富な魚を食べれば、
大食い予防、糖尿病予防に働きます。
また現在、代表的な糖尿病治療薬としてよく使われている、
DPP-4阻害薬を服用しておられる患者さんに関しては、
EPAを多く摂取すると治療効果が高まることもわかっています。
先にのべた認知症改善効果にしても、糖尿病の合併症として
認知症が今後ますます重視されることを考えると、
まさに糖尿病関連の話題ではEPAはいいことだらけです。

EPAはもともと、青魚に多く含まれることが知られており、
サバ、イワシ、マグロ、サンマ、ハマチといったところです。
ただ注意すべきは、魚の脂にEPAが含まれていること。
つまり、マグロの肉でもっとも出回っているのは赤身ですが、
残念ながら赤身にはほとんどEPAがなく、
中トロや大トロがよいのですが、高価なのがネックですね。

ところでω-3脂肪酸の一種のαリノレン酸も、
体内で一部がEPAに変化します。このためリノール酸に比して
αリノレン酸を多く含む食品も重宝されます。
αリノレン酸は、調味油ではエゴマ油、キャノーラ油、
亜麻仁油、大豆油に含まれます。
ナッツ類ではクルミにダントツに多く含まれ、
魚介類では、青魚の他にも、アユ、アンコウ肝、タラ、タラコ、
イクラなどに多く含まれます。
これを考えると、血液中のEPA濃度を上昇させる良質な食材は、
決して青魚に限らないことがわかります。
しかも、タラコやイクラはコレステロールの塊として、
体に悪い食材みたいに思われがちですが、それぞれ100g
(タラコなら3本)も食べなければ、体によい食材なんですね。
このことは、調べてみてわかった、少し意外な事実でした。



投稿者: むらもとクリニック

かかりつけ医として地域の皆様のために
良質な医療を提供したい

当院は地元のみなさまの健康をまもり、よりよい生活を送っていただくために、
患者さん一人一人の健康管理のお手伝いを致します。

お気軽にお問い合わせ下さい 052-711-3221
common_tel_sp.png