糖尿病の合併症

糖尿病の合併症

合併症というのは、その病気がもとになって起こる、別の病気や症状のことです。
糖尿病には、次のような慢性合併症があります。

脳梗塞
心筋梗塞
糖尿病性腎症
下肢閉塞性動脈硬化症
糖尿病性網膜症
感染症
糖尿病性神経障害(手足のしびれや壊疽など)

その他、高血圧や高脂血症のある方や腎臓病のある方が糖尿病になると、それらの症状を悪化させます。糖尿病特有の合併症は、3大合併症です。

三大合併症とは?

「糖尿病性神経障害」「糖尿病性網膜症」「糖尿病性腎症」を3大合併症と呼びます。
糖尿病に特有の合併症で、血糖コントロールをしないでいると、糖尿病発症時から10~15年でこれらの合併症が出てきます。

糖尿病性神経障害

合併症の中で最も早く出てきます。中心となる末梢神経障害の足や手の症状の出方は様々で、手足のしびれ、けがややけどの痛みに気づかない等です。
その他、筋力の低下や胃腸の不調、立ちくらみ、発汗異常、インポテンツなど、さまざまな自律神経障害の症状も起こりえます。

糖尿病性網膜症

目の底にある網膜という部分の血管が悪くなり、視力が弱まります。中には失明する場合もあります。また、白内障になる人も多いといわれています。

糖尿病性腎症

腎臓の糸球体という部分の毛細血管が悪くなり、次第に腎機能が低下します。悪化すると人工透析が必要となります。
現在、人工透析の原因の第1位が糖尿病性腎症で、さらに増加しています。

糖尿病性神経障害 合併症の中で最も早く出てきます。中心となる末梢神経障害の足や手の症状の出方は様々で、手足のしびれ、けがややけどの痛みに気づかない等です。
その他、筋力の低下や胃腸の不調、立ちくらみ、発汗異常、インポテンツなど、さまざまな自律神経障害の症状も起こりえます。
糖尿病性網膜症 目の底にある網膜という部分の血管が悪くなり、視力が弱まります。中には失明する場合もあります。また、白内障になる人も多いといわれています。
糖尿病性腎症 腎臓の糸球体という部分の毛細血管が悪くなり、次第に腎機能が低下します。悪化すると人工透析が必要となります。
現在、人工透析の原因の第1位が糖尿病性腎症で、さらに増加しています。

管理栄養士による外来栄養指導

当院でも、管理栄養士による外来栄養指導が可能になり、すでに26年3月から開始しました。
2型糖尿病の患者さんに対する、糖質制限の具体的な指導が中心ですが、高血圧症、脂質異常症、肥満症などのコントロールがうまくいっていない方にも応用できます。

予約制です。
栄養指導の必要性がある方に、お勧めしています。

糖質制限

Q

糖質制限が必要な方とはどんな方でしょうか?

A

糖質制限が必要とされる方は、主として以下に該当する患者さまです。

(1)糖尿病の患者さま。中でも、インスリン抵抗性の改善が求められる場合には特に有効といえます。インスリン抵抗性の改善には、「痩せる」ことのメリットがとても大きいからです。
(2)脂肪肝、高尿酸血症、高血圧を合併しているケース。これは、糖質制限によって体重を減らすメリットが、とても大きいといえます。
この2つのほかにも、尿酸値とメタボリックシンドロームの関連性に定義はありませんが、メタボリックシンドロームの人はたいていの場合、尿酸値が高い傾向にあります。糖質制限で痩せることで、尿酸値の改善も期待できます。

炭水化物を抜き、食事の量そのものは減らない糖質制限は、メタボリックシンドロームに合っている食事療法といえます。糖質制限にもいろいろなやり方がありますが、体に負担がかからず、長期間続けてよいのは、ゆるやかな糖質制限です。無理な食事療法は、健康面でおすすめできません。
なお当院では、ただ「痩せたい」という美容願望のための糖質制限を、おすすめすることはありません。

糖質制限を行う方への注意点。

3食すべて主食(ご飯やパン)を食べない「厳しい糖質制限」は、自己判断で行うとかえって健康を害する可能性があります。
糖質も、一定量は体に必要な栄養なので、やりすぎは危険です。医師の指導を守り、ゆるやかな糖質制限に努めましょう。
糖質制限では、糖質の量を抑えるかわりに、肉や魚といったタンパク質の量が増えることになります。しかしタンパク質は、増えて危険なことはないのでご安心ください。
強いていうならば、主食(ご飯やパン)を減らすことでおかずの量が増え、その結果、塩分過多になる可能性があります。

その場合は、生野菜や茹で野菜を食べることで、塩分の総量をコントロールしましょう。

Q

むらもとクリニック様でうけられる治療について教えてください。

A

当院の糖質制限治療は、食事指導が中心です。
食事指導は、最初に行った指導を、患者さまが忠実に実行していただくことが重要です。そのために、その後のフォローアップが非常に重要となります。

生活環境の問題や、ご本人の意志の問題など、経過観察の中であまり改善が見られなかった場合は、管理栄養士による食事調査や指導も行なっています。
また、糖質制限をしている患者さまで、糖尿病などを併発している人には、投薬治療も行います。

費用について

当院の糖質制限治療は、すべて一般治療(保険内治療)となっています。それ以外の治療費は必要ありませんのでご安心ください。

かかりつけ医として地域の皆様のために
良質な医療を提供したい

当院は地元のみなさまの健康をまもり、よりよい生活を送っていただくために、
患者さん一人一人の健康管理のお手伝いを致します。

お気軽にお問い合わせ下さい 052-711-3221
common_tel_sp.png